アメリカ心臓協会  

  日本医療教授システム学会国際トレーニングセンター


プロバイダーコース インストラクターコース JSISH AHAトレーニングセンター AHA公認講習会 インストラクター専用

ACLSプロバイダーコース
 Advanced Cardiac Life Support Provider

AHA-ACLSプロバイダーコースは、成人の「救命の連鎖」の最後の輪である二次救命処置(Advanced Cardiac Life Support)の提供者を育成する実践的トレーニングコースです。

日本における職務範疇としては、主に医師・歯科医師を想定していますが、二次救命処置に関わるすべての医療スタッフが知っておくべき内容となっています。

DVD教材を使ったレクチャー、ディスカッション、シミュレーショントレーニングからなる2日間のコースでは、すべての蘇生の基本となるAED操作を含めたBLSの再確認、手動式除細動器の使い方、気道管理、VF/Pulseless VT、PEA/Asystole、安定な頻脈、不安定な頻脈、徐脈、脳卒中、急性冠症候群など、心停止と心停止に至る直前状態の評価と対応をAHAガイドライン2010のアルゴリズムに沿って学びます。

AHAガイドライン2010に基づいたACLSプロバイダーコースでは、質の高いCPR(BLS)の重要さと、一丸となって蘇生という目標に向かって活動するためのチームダイナミクスが強調されており、医師・歯科医師以外の医療スタッフにとっても有用なコースです。

なお、JSISH-ITCが発行する AHA-ACLS Provider カードは、日本循環器学会が定める循環器専門医受験要件、および日本内科学会が定める内科認定医受験の基礎要件を満たします。

ACLSプロバイダーコースの受講要件 

AHA-ACLSプロバイダーコースの受講条件については ACLS Provider Manual(英語版)に付属する受講前チェックリスト "Precourse Preparation Checklist" の中で、次のように規定されています。

You must do these to prepare for the course: Complete a BLS for Healthcare Providers course or be able to perform high-quolity CPR and use an AED according to 2005 guidelines. (訳)BLSヘルスケアプロバイダーコースを満足に修了するか、もしくはガイドライン2005に則った質の高いCPRとAED操作を実演できること

AHAの基準によれば、ヘルスケアプロバイダー(HCP)資格は絶対条件ではありません。AHAのBLSコースを受講していなくても、当該ガイドラインに基づいたAEDを用いた質の高いCPRが実施できる方であればACLSプロバイダーコースは受講可能です。

しかし2012年現在の日本では、医療従事者レベルの質の高いCPRをトレーニングする教育プログラムは極めて限られているのが現状です。ACLSコースでの学びを最大限に享受し、実技試験にパスし修了カードを手にしていただくためには、あらかじめAHA-BLSヘルスケアプロバイダーコースを受講されることを強くお薦めします。

ヘルスケアプロバイダーカードの提示なしにACLSプロバイダーコース受講を希望される方は、あらかじめコース開催責任者にお申し出下さい。AHA公式ウェブサイトの勧告により、事前のスキルチェックをさせていただく場合があります。

また、ACLSプロバイダーコース受講者には、テキストであるACLSプロバイダーマニュアル(ガイドライン2010準拠)に添付されている心電図読影を含んだプレテストへの事前解答が求められています。

コース中では、心電図や蘇生に使用する薬剤に関するレクチャーはありません。十分な事前学習をおすすめします。


コース詳細 

コース内容 成人の二次救命処置(Advanced Life Support:ALS)
標準コース時間 2日間(1日で提供する場合もあります)
受講対象 主に医療従事者(医師・看護師・救急救命士以外で受講を希望される方はあらかじめお知らせ下さい)
使用テキスト ACLSプロバイダーマニュアル【G2010】、、シナジー,6,090円 各自書店等でお求め下さい
修了カード ACLS Provider(英語表記)
筆記試験 五者択一式
筆記試験合格基準 84%以上の正解(50問中42問以上の正解で合格)
実技評価 AEDを用いた一人法CPR、ACLSメガコードテスト
受講料 各実施団体・インストラクターにお尋ね下さい
カード有効期限 2年