アメリカ心臓協会  

  日本医療教授システム学会国際トレーニングセンター


プロバイダーコース インストラクターコース JSISH AHAトレーニングセンター AHA公認講習会 インストラクター専用

PEARSプロバイダーコース
Pediatric Emergency Assessment, Recognition, and Stabilization Provider
(小児救急 評価・認識・病態安定化コース)

PEARSプロバイダーコースは、心停止にいたりかねない危険な兆候に気づき、アセスメントし、重症化を防ぐための安定化を学ぶ1日コースです。

PEARS(ペアーズ)は、Pediatric Emergency Assessment, Recognition, and Stabilization の略で、直訳すると「小児救急 認識・評価 病態安定化」という意味です。

PALSプロバイダーコースで学ぶ、体系的な評価(アセスメント)部分にフォーカスを当てて、コンパクトに、そしてより詳しくまとめたコースです。

小児をテーマとしていますので、心停止だけではなく、呼吸障害、ショックといった心停止につながる危機的状況の認識が重要となります。その場でできる適切な処置をしつつ、専門医への診療をつなげるプロセス・思考パターンを、リアルな映像教材を用いてトレーニングしていきます。

ベッドサイドにいて、小さな異変にも気づける看護職にマッチした看護の臨床ですぐに使える実践的な内容です。映像教材は小児となっていますが、成人を含めすべての臨床で日々使える視点を身につけます。

PEARSプロバイダーコースの学習内容

AHA小児の救命の連鎖に示されているように、小児の救命を考える上でもっとも大切なのは「心停止の予防」です。

心停止に至らせないための早期介入として、呼吸障害4タイプ、循環障害(ショック)2タイプを判定する方法、医師による治療までに状態を悪化させない安定化の介入について学びます。

PEARSのコアケース

  • 上気道閉塞
  • 下気道閉塞
  • 肺組織病変
  • 呼吸調整障害
  • 循環血液量減少性ショック
  • 血液分布異常性ショック
  • 心停止(除細動ショックが必要なケースと不要なケース)


その他
  • 重症な疾患または外傷の小児に対する体系的なアプローチ
  • 効果的な蘇生チーム力学
  • 小児・乳児への二人法BLS

呼吸のトラブル、ショックの病態について、詳しく学んだ後、実際の患児の動画を見てアセスメントの訓練をし、その後、マネキンの前でチームによる介入・安定化のシミュレーション・トレーニングを行います。


コース詳細 

コース内容 生命危機状態にある患児への体系的アプローチと安定化
標準コース時間 6-8時間
受講対象 看護職、医療系学生(特に小児を専門としない人向け)
受講条件 有効期限内のヘルスケアプロバイダーカードを提示できるか、もしくはAHAガイドライン2010に沿った質の高いBLSが実施できること
使用テキスト PEARSプロバイダー受講者マニュアル AHAガイドライン2010準拠【日本語版】
5,980円(送料540円)  ※一般書店では購入できません
修了カード PEARS Provider(英語表記)
筆記試験 Video Basedの四者択一式
筆記試験合格基準 84%以上の正解(30問中26問以上の正解で合格)
実技評価 小児に対する二人法CPR+AED、乳児への二人法CPR
受講料 各実施団体・インストラクターにお尋ね下さい
カード有効期限 2年